2 min read

LIMSソリューションを比較する方法

2021/12/21 5:00:00

How to Compare LIMS - JP

ラボで利用できるLIMSソリューションの数は増え続けています。ラボにとって最良の選択をするためには、潜在的なソリューションを慎重に評価する必要があります。このプロセスで最も重要なことは、LIMSがラボの重要なニーズを満たしているかどうかを確認することであり、これにはラボの管理者の意識が必要です。

LIMSを選択する前には、ラボの要求事項の包括的な精査とその結果の優先順位付けが重要な第一歩となります。この精査には、ラボのオペレーションの最も完全で客観的なイメージを描くために、マネージャーだけでなく、ラボのスタッフ全員からの情報を含むべきであり、また、弱点を特定する必要もあります。そして、LIMSソリューションの評価は、予算とラボのニーズの両方の観点から、利用可能な異なる機能を比較することになります。

LIMSソリューションを比較するには、異なるシステムを精査するだけでなく、それらを支える異なるソフトウェアベンダーを精査する必要があります。各ベンダーが負担する検証、セキュリティ、信頼性などのレベルを理解することで、可能な限りスムーズな導入を行うことができます。複数のLIMSソリューションを循環させたいと思うラボはないでしょう。最も適したオプションを慎重に選択し、それを長期的に使用することが望ましい方法であると言えます。

LIMSソリューションとそのソフトウェアプロバイダーからのニーズの優先順位付けは、難しいものです。「優先順位付けを検討すべき要求事項」を理解することが必要です。

特徴・機能

LIMSソリューションには、具体的にどのような機能を求めるべきでしょうか?このレビューの側面は、おそらくあなたのLIMSソフトウェア比較の主な焦点となるでしょう。

検討すべきこれらの機能や特徴には、以下のようなものがあります。

  • サンプル毎に収集・保存されるデータパラメータ
  • 環境モニタリング
  • タスクのスケジューリング
  • 品質管理試験の文書化
  • 個々のサンプルの保存と使用の追跡とスケジューリング
  • サンプル処理プロトコルの文書化
  • 設定可能なフィールド
  • ワークフローマネジメント

ラボマネージャーが様々なLIMSソリューションを客観的に評価・比較する一つの方法は、各列に各LIMSベンダー、各行に希望する機能や特徴を記入した採点表を作成することです。そうすれば、どのソリューションが自分の求めている機能を提供しているか(あるいは提供していないか)を簡単に視覚化することができます。より高度な比較基準では、特定のLIMSの各機能を1から5までの値で評価することができます。

この評価スキーマが機能するためには、各機能が特定の望ましい設計に従って実行されるかどうかではなく、レビュー対象のLIMSソリューションが要求を満たしているかどうか、そしてどの程度満たしているかについて評価されなければなりません。すべてのユーザーは、LIMSによって与えられたワークフローにある程度適応することを期待すべきです。最も重要なのは、簡単に記録や文書化ができる使いやすいインターフェースを持っているかどうかです。

また、ベンダーに製品をあなたの希望するデザインに適合させることを求めないことも重要です。既存のベンダーのデザインはテストされ、検証されています。ですから、最重要事項は、ソフトウェアのインターフェースがどう見えるかではなく、製品がラボの中心的なニーズを満たしているかどうかについてでなければなりません。LIMSソリューションを既製のソリューションに極めて近い形で導入しているラボでは、不必要なカスタマイズコストを避けることができます。さらに重要なことは、最小限のカスタマイズで実装されたLIMSソリューションは、ベンダーによって検証され、実装時に必要な詳細な検証が少なくて済み、監査の際に防御するのが容易であるということです。  

アーキテクチャ

LIMSソリューションがどのように構成され、保管されているかを確認します。オンプレミスなのか、それともPaaS(Platform-as-a-Service)またはSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションとしてクラウドに保管されているのか? 

ラボは、LIMSをこれら3つのソリューションすべてを提供できるベンダーを特定することで、最も恩恵を受けることができる可能性があります。これにより、ラボのコンピューティング構造や要求事項が変化しても、最大限の柔軟性を確保することができるからです。

セキュリティ

各LIMSソリューションのセキュリティ機能を評価することは非常に重要です。さまざまな業界には、遵守しなければならない特定のセキュリティガイドラインがあり、LIMSソリューションも例外ではありません。最良のベンダーは、ソリューションに組み込まれたセキュリティ機能を立証するための検証テストの結果を反映した文書を提供することができます。

業界によって、必要とされるセキュリティやデータ保護のレベルは異なります。しかし、すべての業界で共通して求められるのは、プラットフォームがオンプレミスでもクラウドでも、どこに置かれていてもデータを安全に保存できることです。また、データへのアクセスは、通常、固有のユーザーIDとパスワードを使用して制御する必要があります。また、すべてではありませんが、多くの検査業界において、データセキュリティとSSL暗号化におけるHIPAAへの準拠が求められるでしょう。

インテグレーション

ラボ内で使用されている他のソフトウェアプラットフォームや、ラボ内でサンプルを取り扱う個々の機器によっては、LIMSプロセスを他のソフトウェアやハードウェアと統合する能力は注目に値するかも知れません。直接的な統合は、直接データ転送の機会を増やし、データの完全性を維持し、自動化の機会を最大化し、ヒューマンエラーを減らすことができます。また、ラボのすべてのメンバーがデータを使用する必要がある場所に正確に配置して、データをアクセス可能に保つことにも役立ちます。

直接的なAPI統合が不可能な場合、代替案として考慮すべきことは、ラボで既に使用されている他のプラットフォームに簡単にアップロードできるフォーマットにデータをエクスポートすることの容易さです。

オンボーディング、メンテナンス、サポート

主要なソフトウェアベンダーは、堅牢なオンボーディングプラットフォーム、保証、メンテナンススケジュール、および継続的なサポートを提供しています。ソフトウェアに何らかの不具合が発生した場合でも、ラボのメンバーがLIMSソリューションを使用する際のベストプラクティスについて説明が必要な場合でも、サポートが質問に答えてくれることを知っておくことは重要です。また、LIMSソリューションがラボに一貫して貢献できるように、積極的にメンテナンスされているかを確認することも重要です。

短時間の停止や故障であっても、記録に大きなギャップが生じ、導入がある程度損なわれる可能性があります。ソフトウェアベンダーに停止、応答時間、不具合に先手を打つための行動計画について直接尋ねることは、その特定のLIMSに期待されるサポートのレベルを評価する一つの方法です。LIMSに対する期待を管理するために尋ねるべきもう一つの質問は、LIMSのアップデートの頻度についてです。これに続いて、プラットフォームがアップデートされる一般的な頻度はどれくらいか、これらのアップデートはどのように発表され展開されるのか、アップデートに関連する障害はどれくらい続くのか、などの質問ができます。

コストと支払いの仕組み

コストに関する議論は、ソフトウェアベンダーが提供できるオプションメニューや価格設定の段階から始まることが多いでしょう。特に、価格帯や機能が異なる複数のベンダーを調査する場合は、常にコストを交渉する価値があります。すべてを考慮した上で、総所有コストはいくらになるでしょうか?この数字には、継続費用や年会費、メンテナンス費用などが含まれています。

このコストの問題のもう一方は、支払い構造に関係しています。PaaSやSaaSのモデルでは、多くのソフトウェアベンダーが一度の前払いではなく、月ごとや年ごとなどの特定の期間に更新するサブスクリプションを提供しています。一般的に、契約期間が長ければ長いほど、ベンダーはより多くの割引を提供します。どのような支払い方法がありますか?前払いは可能ですか?ベンダーはどの程度の柔軟性を提供していますか?

この支払いの構造は、LIMSソリューションが資本支出としてカウントされるか、継続的な運用費としてカウントされるかを決定し、両方のクラスの料金にまたがる可能性があります。ベンダーがすぐに適合する支払い構造を提供しない場合は、ラボにとってより適合する代替案を提案する価値があるのです。

実装のタイムライン

ほとんどのラボは、特にLIMSが監査に対応して、あるいは監査を予期して導入されている場合には、LIMSソリューションの目標開始日を持っています。各ソフトウェアベンダーは、ラボの目標と比較することができる導入のタイムラインを提供すべきです。

ベンダーの評判

ベンダーの評価を明確にするには、少しの調査が有効です。レビューは常に大目に見る必要がありますが、ポジティブなレビューやネガティブなレビューの傾向を知ることができる場合があります。コメントや業界で発表されているレビューは、ベンダーが特定の業界の継続的に進化する要求事項を満たすために製品を開発し続ける能力があるかどうかを非常によく表しています。いくつかの調査は、ベンダーの寿命と財政的安定性についても言及したものがあり、それは特定のLIMSが、どのくらいの期間にわたり技術的にサポートされることを期待できるかに関連しています。

ブランドを独自に調査するだけでなく、顧客のレビューや証言を求めることも価値があります。多くの場合、レビューを見ることで、特定のベンダーの信頼性、サポート、およびコミットメントの遵守について多くを知ることができます。 

現在の顧客基盤

ベンダーが特定の業界においてどれだけの経験があるかを知ることには意味があります。なぜなら、経験豊富なベンダーは、業界の要件や問題点をよりよく把握しており、それに基づいて製品を構築し、検証することができるからです。お客様になる可能性のある方は、ベンダーに、自分の専門分野に近い人たちの顧客紹介をお願いするべきです。そうすることで、お客様が製品を使用したときの経験や、製品の限界について、プライベートで率直な会話をすることができます。どのLIMSも、マネージャーが自分のラボに夢見るものと完全に同一であるということはありえませんが、起こりうる問題がラボにとって許容できる範囲内にあることを確認することには価値があります。

慎重に検討することで、LIMSソリューションの比較を成功させ、ラボの導入に最も適したものを特定することができます。このLIMSというツールは、サンプルの受領と処理から長期保存テストと廃棄までの自動化を可能にします。プロセスを自動化することで、大規模なバッチにも容易に対応できるようになり、ヒューマンエラーの問題からも解放されます。

New call-to-action

Topics: LIMS

他のブログ投稿

デモ依頼